相手のことを考えて作る

相手のことを考えて作る 会社や学校のイベントでは、記念品が配られることが珍しくありません。配る際には、既存の商品ではなくオリジナルの記念品を作ることが多い傾向があります。その際のデザインは、どんなイベントで誰に配りたいかによって変わってきます。例えば、会社で若手社員から重役クラスの年配の社員に配布する予定がある場合はシンプルなものが良いでしょう。
年齢によって趣味が変わったりしても、シンプルなものであれば気兼ねなく使うことができます。同じような理由で、男女の割合にも気をつけなくてはいけません。若い女性が好むようなデザインだと、男性にウケが悪くなる可能性が高いです。小学校や幼稚園なら、子供が持つような可愛らしいものが好まれます。
ロゴとイラストを印刷することが多いですが、フォントの種類や元になるアイテムの色合いなどに気をつけてください。渡す相手のことを考えて、ある程度シンプルに作れば大丈夫です。ポイントは、好き嫌いなく一般的に好まれるものにすることです。

世間的に人気があるアイテムを記念品として制作する

世間的に人気があるアイテムを記念品として制作する 普段からお世話になっているクライアントやユーザーの方々に記念品を配布したいが、どんなグッズを選べばよいか見当がつかない、このような悩みにぶつかったときは、まず世間のトレンドを改めて分析してみましょう。巷では今、どんなアイテムが一般消費者やビジネスパーソンの間で人気になっているか、客観的な視点から観察します。同じコストを支払って記念品を大量に発注するなら、配布相手の満足度が良い物にしたいところです。
実用性が高い記念品が近年、巷では人気になりやすいです。具体例としては文房具や掃除用のグッズやキッチンで使う消耗品や美容グッズ等となります。いずれも老若男女問わず毎日の暮らしの中で、自然と使う物です。社名の入った実用性が高い記念品を配布すれば、受け取った方々が毎日台所や会社のデスクで使う事となります。普段から自社の名前を見てもらう事で、宣伝効果や親しみを持ってもらえるメリットが生まれますので、ノベルティグッズとしての役割も期待する事が出来ます。

新着情報

◎2020/8/24

相手のことを考えて作る
の情報を更新しました。

◎2020/7/14

ネットで手軽に制作・注文
の情報を更新しました。

◎2020/5/15

記念品をオリジナルで製作
の情報を更新しました。

◎2020/3/16

オシャレな名入りUSBメモリ
の情報を更新しました。

◎2019/12/17

人気の高い名入りのお酒
の情報を更新しました。

◎2019/10/31

サイト公開しました

「記念 デザイン」
に関連するツイート
Twitter